国家資格が必要

柔道整復師とは、柔道整復を行うことができ、それを業としている人のことです。柔道整復師とは、国家試験に合格をし、厚生労働大臣により資格が与えられるものです。その国家試験は、文部科学省や厚生労働省が指定した教育機関で3年以上の学習や実技を学び、単位を取得した人が受験することができます。 柔道整復師は全国に5万人ほどいると言われていますが、就労をしている場所は、接骨院や訓練場所などが多いです。求人が出されているのは、大きな接骨院や整骨院といった所が多いです。また最近では機能訓練施設という所でも求人がされています。求人が増えてきているのは、後者の機能訓練施設という所で要介護、介護認定を受けた人々の身体をトレーニング、施術することが目的とされています。

柔道整復師の求人の多くは接骨院や整骨院、機能訓練施設といった所で行われています。そのため柔道整復師のサービスを利用するには、それらの場所に行き、施術の予約をするとサービスを受けることができます。 整骨院や接骨院は誰でも利用することができます。医療保険が利用できるので、そこでの施術を受けても全額費用の3割を自己負担すれば良いです。身体の痛い部位などについて、トレーニングや運動、マッサージなどをしてそれらが緩和されるような施術をしてくれます。 柔道整復師がいるのは、機能訓練施設といった所にもいます。これを利用するには、介護、要介護認定がされている人でないと利用することができません。介護を必要とする身体にトレーニングやマッサージをすることで症状を緩和させるサービスを行っています。